ペットは家族同様。でも、亡くなった時、どうすれば良いでしょうか。

小動物なら庭に埋めるとかの方法もあります。しかし、大型犬などの動物になってきたら、庭に埋めるということはできません。

私の体験談として、犬猫が亡くなった時には。地域の動物管理センターというのが清掃工場に併設されているような形であるはずなので、調べて電話してみましょう。その場で火葬にしてくれます。

規定の料金を支払い、書類を書けばすぐに行ってくれます。「お別れしてください」ということも言われますし、それが終われば、焼き場に直接亡骸を入れて火葬にします。

骨を持って帰りますか?ということも聞かれる場合がありますが、その際にいるかいらないかを係の人に伝えて火葬にしてもらいましょう。

私は飼っていたハスキー犬が亡くなったので、午前中に弟と火葬場に持って行き、火葬にしてもらいました。

骨もいりませんと言い、よろしくお願いしますということを伝えて帰って来ました。

動物である以上、最後の時を迎えるのは仕方のないことです。最後まで面倒を見るということは、死んだ時も面倒を見るということなのです。